塗装時期について

塗装のイラスト

外壁塗装の耐用年数は、アクリル塗装で7年です。ウレタン塗装で10年、シリコン塗装で15年、フッ素塗装で20年です。ウレタンを基準に考えても10年経過したら外壁塗装の塗り替えを考えないといけないのです。家は、メンテナンスだけでもお金がかかるのです。一戸建ての耐用年数は、30年から50年です。一戸建てを購入したときは、100年もってもおかしくありませんといわれたのです。と言うことは建て替えを前提とせず、10年おきに塗装するようなことになるのです。とは、言え10年おきに外壁塗装は、費用の点で無駄です。30年経過したら間違いなく塗り替えは、必修です。今考えていることは、20年で塗装するかどうかということです。

7年で1回外壁塗装をしたので、20年目で2回目の塗り替えをしたいのです。大地震の影響もあり家が無傷なわけがないのです。その20年目に地震の影響した不具合箇所を一緒に修理しなおかつ外壁塗装をしてしまう計画をしたのです。また外壁そのものの劣化もあるのです。そんなに多箇所あるわけではありませんが手当ては、必要です。費用的には60万円から100万円は、するのです。20年スパンで手当てするとすれば費用の用意が必要です。一生懸命働いて貯めるしかないのです。体の続く限り働き続け振込み詐欺に負けないで貯めなくては、ならないのです。年金もありますので貯め方は、沢山あるのです。外壁塗装は、信頼できる業者を見つけて頼むつもりです。