美しくみせるため

白いパソコンで仕事をする

造園とは、樹木の栽培管理、石材を使った造形、それらの基盤整備を行う事です。ですから、住宅のエクステリアであっても、花壇内の土壌改良や植樹は、造園業者が関わっている事が殆どです。 樹木は、その樹種によって、好む土壌が異なります。例えば根を深く、縦方向に張るコニファーのような樹種は、深い所まで土を耕さなければなりません。そして、そういった樹種は、支柱をしっかりとしておかなければ、倒れる場合もあります。 そういった植物の特徴やそれに対する対処法をしっかりと理解しているのが、造園業者なのです。ですから、植物の調子が悪かったり、新しい樹木を植えたい場合には、エクステリア業者に相談しがちです。しかし、造園業者の方が知識が高い場合が多いですから、樹木に対する相談はそちらがお薦めです。

新築外構の場合、多くの方がハウスメーカーやエクステリア業者で工事を行っています。それは、門塀やライトの設置、土留やフェンスといった複合的な工事を行わなければならないからです。そして、それらを総合的にデザインできるのが、エクステリアプランナーなのです。 しかし、単に樹木の整備をしたい場合、防草シートや砂利を敷きたい、整地をしたいという単純な目的がある場合には、造園業者にお願いすることがお薦めです。 エクステリア業者は、そういった仕事を造園業者に依頼します。ですから、そういった単純な作業は、造園業者に直接依頼した方が価格が安い場合が多いのです。樹木や土壌の整備がしたい場合には、そちらがお薦めです。 逆に、駐車場を増設する為に、樹木の移植を考える場合には、エクステリアプランナーに相談し、生活しやすい外構デザインが保てるようにプランを考えた方が良いです。 状況やお願いしたい工事の種類によって、業者を選ぶ事が重要なのです。